小宮コンサルタンツ



小宮一慶出演中!

  • ◆~オトナ度ちょい増しTV~おとな会
    毎日放送/毎週水 深夜00:49~ 知的好奇心バラエティ。小宮がレギュラー出演しています。WEBでの見逃し配信もあります。
  • ◆ちちんぷいぷい
    毎日放送/月~金14:55~17:45生放送の情報バラエティ。小宮は「ぷいぷい顧問団」として、月に2回不定期で出演しています。

最近のトラックバック

« 大阪で「経営実践セミナー」+懇親会、帰京*小宮 | トップページ | 物書き、休養*小宮 »

2016年7月15日 (金)

ゲラチェック*小宮

朝、今日締め切りダイヤモンドオンラインの連載原稿のチェック。

その後、本のゲラチェック。

今日はアポイントがなかったのでゆっくり過ごす。

明日からもゆっくりしながら物書きの予定。

« 大阪で「経営実践セミナー」+懇親会、帰京*小宮 | トップページ | 物書き、休養*小宮 »

コメント

小宮先生

毎日、ブログを楽しく、興味深く拝見しております。小宮先生執筆の本もたくさん読ませて頂いております。特に、サンマーク出版の「人生の原理」は毎日読んで、私の”振り子の原点”としております。

一つご意見を頂きたく、コメント致します。

私は外資系企業(製造業)の日本法人に勤めるサラリーマンです。日本のお客様向けの製品は、主に中国の工場で製造されます。

小宮先生もたくさんの著書でお書きの通り、お客様第一で考え、行動することが大事ですし、私もそうしたいと考えております。

しかし、中国工場の人間の対応が、あからさまに「私利私欲」というか、自分たちだけ良ければいいという態度です。

例えば、不具合品が日本のお客様で発生しても、「その製品は中国工場で全数検査して出荷しているので、輸送中に起きた不具合です。」といって、何も対応しないのです。全数検査ですべての不具合が確実に排除されている保証は何もありません。

加えて、日本法人の人間の中にも、中国工場の人間と同様、自分たちだけ良ければいい、という考えの人間がいるのです。それが私の上司です。

外資系企業という特徴上、「お客様第一」を要求する方が無理かもしれませんが、私は「お客様第一」を徹底したいのです。なぜなら、小宮先生もお書きの通り、それが良い仕事だからです。良い仕事をして、超一流の人間になりたいのです。

しかし、製造元の中国工場、上司がこんな状態では、「お客様第一」を徹底するのは難しいのです。

私だけでも、可能な範囲で、「お客様第一」を徹底すべきなのでしょうか。

うずらさま

コメント有難うございます。
うずらさんはご自身の考えを貫くべきだと思います。ましてや「お客さま第一」というビジネスの根幹ですから貫く価値は十分にあります。
しかし、お勤めの企業では、周りはなかなかそのことに同調しないとのこと。こんなときでも自分一人だけでも、考え方を貫くべきです。なぜなら、そのほうが結果が出るはずだからです。外資などでは結果を厳しく求めますが、そうであればあるほど、「お客さま第一」を貫いたほうが、結果が出るはずです。結果が出ればだれも文句は言わないはずです。

厳しいかもしれませんが、宇宙の原理を信じて「お客さま第一」を行ってください。もし、この企業でそれがやりきれないとしても、「お客さま第一」の気持ちを持ち続けていれば、他の企業でも十分に通用すると思います。
引き続きよろしくお願いします。

小宮先生

コメント有難うございます。

「お客様第一」を貫きます。「お客様第一」を貫いた方が結果が出ると信じて、徹底します。

小宮先生
18日、朝日新聞朝刊にて、【中国の借金GDPの2.5倍】中国政府系シンクタンクの発表及びIMFも「切迫している」と警戒を強めているとありました。日経に詳しく載っていると読みまして、昨日と今日の記事を見て、かつ、読売新聞も当たってみましたがありませんでした。
先生は、時間があれば、他紙も見ること。全くその通りだと思いました。また、23日には日経の週間予定で、23日に中国、成都でG20の財相会議があるとのこと。中国の政府系シンクタンクの信用度にもよりますが、IMFと
政府系シンクタンクの発表、会議日程より、今週中に中国経済で景気対策が行われると読んでみました。中国の一部債務不履行、ゾンビ会社の存在より派生して、アメリカ経済へ影響を受ければ、日本は夏の肺炎になります。まだ、前のお薬のんでいるのに。
今日は、リーマンショックの日本経済の影響をおさらいする所存です。

小宮先生
朝の、仮説がまだまだ浅いことに気づきました。
1.中国政府系シンクタンクの発表の信ぴょう性はどうなのか?
2.IMFの意見は、他国においても懸念材料があると行われること
3.今週23日の財務相レベルのG20までに景気対策を行う信ぴょう性がないこと。
よって、あさの仮説は、訂正させて頂きます。
思考力を高める事の難しさを知りました。
これからも、仮説立てを行い、力をつける所存です。
ありがとうございました。

mnさま

コメント有難うございます。いろんな角度から物事を見て、仮説を立て検証することが大切ですね。

引き続きよろしくお願いします。

小宮先生
お疲れ様です。本日26日の日経一面トップは、企業年金運用についてにでした。私は、マンション管理士を取得しているので、最近のマンション管理費・修繕積立金の、運用がどうなっているのか?
凄く気になりました。
結論から言うと、私が、勉強した時以上に、シビアに管理組合がなり、管理会社の再選択もあるようです。一番の運用は、マンションすまい・る債
(10年利付け債)ですが、今、申し込んでも元本保証されているのが最大の売りで、利付のうまみは期待できません。2.決済性預金、これは、金利はつきませんが、いつでも下ろせる元本保証預金。このしょうひんは、不測の事態に便利で人気あります。3.普通預金、、相変わらペイオフ対策で、何十枚も口座を作っているマンションもあります。

どちらにせよ、【攻めるお金でなく、守るお金】管理組合様頑張っていただきたいです。GPIFのように、不確実な投資をしないでくださいね。
評論家的で申し訳ありませんでした。

小宮先生
(続きです)
もし、私が管理会社に提案する立場なら、例えば、一億円の管理費及び修繕積立金があるのでしたら、定期的に行われる大規模修繕に、3/4 7,500円をすまい・る債に、1/4は、不定期なお金の活用として、メガバンクの決済性預金に預けます。

小宮先生
訂正です。7,500円→7500万円。

mnさま

異常な低金利下での運用はとても難しいですが、マンション管理費、修繕積立金などは、おっしゃるように元金保証が大前提ですね。
引き続きよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138478/66524305

この記事へのトラックバック一覧です: ゲラチェック*小宮:

« 大阪で「経営実践セミナー」+懇親会、帰京*小宮 | トップページ | 物書き、休養*小宮 »

フォト

プロフィール

  • 小宮 一慶
    経営コンサルタント。(株)小宮コンサルタンツ代表。 企業規模、業種を問わず、幅広く経営コンサルティング活動を行う一方、年百回以上の講演を行う。新聞・雑誌の執筆、テレビ出演も行う。経営・会計・経済・ビジネススキル等をテーマにした著書130冊以上、累計発行部数は350万部を超える。

小宮一慶の出版物

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30